おうちでお店気分ラーメン鉢

KOHNO
KOHNO

こんにちは、KOHNOです。前回のブログはいかがでしたでしょうか。今回のブログは、オンラインショップの特集記事のアーカイブになります。

こだわって作ったせっかくの美味しいラーメンがすぐに冷えてしまっては、食事の楽しみが半減してしまいます。保温性や熱伝導など機能性までこだわると、食事の時間がもっと楽しくなります。

昔ながらの中華そばどんぶりやスタイリッシュな洋風のデザインを取り入れたラーメン鉢など、器が変わると料理の味も違うように思えるのが不思議です。ラーメンはもちろん、デザインによっては丼物やサラダなどを盛り付けてもおしゃれです。
せっかくのラーメン鉢ですから、とことんこだわって選んでみましょう!

『究極のラーメン鉢』開発ストーリー

今回ご紹介する「究極のラーメン鉢」は、2004年(平成16年)3月にNHK-BS2で放映された「おーいニッポン・私の好きな佐賀県」の「とことんプロジェクト」企画で生まれた製品です。

家庭で楽しむ高級ラーメンが人気を博していたころ、そばやうどん用の丼は数多くありましたが、質感の高いラーメン鉢は一般ではそうそうあるものではありませんでした。

「家庭でインスタントラーメンをおいしく食べるための器」をコンセプトに、試行錯誤、様々な苦難の末に完成したまさに「究極」のフォルムを有したラーメン鉢なのです。

豊富な絵柄のバリエーション

紅椿 ラーメン鉢 / 青椿 ラーメン鉢

室町から桃山時代に茶道・華道と共に全国に普及しました。学名「カメリア・ジャポニカ」と言う様に日本原産です。日本を代表する花を鮮やかな色で描きました。

ルリ釉 ラーメン鉢

有田の呉須を使い、シンプルな色合いであるが、落ち着いた雰囲気を楽しめればと思います。

黒塗南蛮パール ラーメン鉢

究極ラーメン鉢10周年に向けてデザインした田清窯渾身の一作です。上品な佇まいの中に外側を赤、黒にした琴で中の南蛮(渕鏡面仕上)を際立たせています。ラーメンを入れた時に至福のイメージを湧かせて下さい。

マイラーメン鉢

忙しい毎日を過ごしていると、時短料理が何よりありがたいものです。麵とスープ、そこにたくさんの具材をトッピングして一つのどんぶりで完結させると、片付けの手間を減らすことができるのでおすすめです。

たったひとつのフォルムとサイズでありながら、絵柄のバリエーションを豊富に揃えているので、ご家族それぞれのマイラーメン鉢としてお持ちいただきたいアイテムです。

明日は管理人さんのブログです。
また明日お会いしましょう。

株式会社河野/Since1881

株式会社河野/Since1881

Since1881 創業140年以上の歴史が紡ぐ確かな目利き。日本の食文化に彩りを添えるKOHNOでは、プロユースの和食器・洋食器をはじめ、あらゆる種類と分類の器をオンラインショッピングでお楽しみ頂けます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

株式会社河野/Since1881

株式会社河野/Since1881

創業140年以上の歴史が紡ぐ確かな目利き。日本の食文化に彩りを添えるKOHNOでは、プロユースの和食器・洋食器をはじめ、あらゆる種類と分類の器をオンラインショッピングでお楽しみ頂けます。 当ブログでは、正午に記事投稿を行っています。1日2回投稿する場合、2記事目は17時投稿となります。 投稿へのコメントや、オンラインショップからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

最近の記事
  1. 柳葉包丁のおすすめ人気13選!高級な包丁からコスパ抜群なものまで

  2. 【2022年最新】菜切包丁のおすすめ人気13選!素材別にご紹介

  3. 【2022年最新】出刃包丁のおすすめ人気17選!初心者でも使いやすい

TOP