さんま皿ならこの5選

KOHNO
KOHNO

こんにちは、KOHNOです。前回のブログはいかがでしたでしょうか。今回のブログは、オンラインショップのおすすめ記事のアーカイブになります。

秋の味覚の代表と言っても過言ではない「さんま」。
「秋刀魚」の字のごとく、さんまが旬の季節がやってきます。

さんま皿の選び方

さんまの姿焼きをおいしく食べたい人には、30cm以上の長皿がおすすめ。
さんま皿は、基本的に細長いのが特徴ですが、長さや幅の比率はさまざま。平均的なさんまの全長30cmを目安に、調理のしかたや盛り付け方にあわせてサイズを選ぶとよいでしょう。
頭や尾を落とす必要がないので旨味を逃さず、イキのよい見た目そのままで盛り付けができます。
同じ塩焼きでも、2分割したり頭や尾を落とすなら長さ12cm程度の商品でも充分。
食器棚にも収納しやすく、形によっては肉料理や洋食にも使いやすくさんまをほぐすスペースも確保されるので、小さな子供用にもおすすめです。

デザイン選びも大切

食器は料理や食材のおいしさを引き立てる、大きな要素。
料理や食材の引き立て方も違うため、食の嗜好や他のテーブルウェアとの相性も考えてデザインを選ぶことをおすすめします。
青魚であるさんまの塩焼きや、光物の刺身に一番映えるのは、和食器の陶器です。
素朴でぬくもり感のあるデザインのものが多く、さんまが旬の秋にぴったり。
ご飯茶碗や長い箸との相性もよく、日本の食卓を存分に満喫できます。
まるで料亭のような食卓作りを家庭で手軽にお試しいただけます。
是非旬なさんまを盛り付けてお楽しみください。

明日は引き続き、オンラインショップのおすすめ記事のアーカイブを掲載します。
また明日お会いしましょう。

株式会社河野/Since1881

株式会社河野/Since1881

Since1881 創業140年以上の歴史が紡ぐ確かな目利き。日本の食文化に彩りを添えるKOHNOでは、プロユースの和食器・洋食器をはじめ、あらゆる種類と分類の器をオンラインショッピングでお楽しみ頂けます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

株式会社河野/Since1881

株式会社河野/Since1881

創業140年以上の歴史が紡ぐ確かな目利き。日本の食文化に彩りを添えるKOHNOでは、プロユースの和食器・洋食器をはじめ、あらゆる種類と分類の器をオンラインショッピングでお楽しみ頂けます。 当ブログでは、正午に記事投稿を行っています。1日2回投稿する場合、2記事目は17時投稿となります。 投稿へのコメントや、オンラインショップからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

最近の記事
  1. 柳葉包丁のおすすめ人気13選!高級な包丁からコスパ抜群なものまで

  2. 【2022年最新】菜切包丁のおすすめ人気13選!素材別にご紹介

  3. 【2022年最新】出刃包丁のおすすめ人気17選!初心者でも使いやすい

TOP